再就職までに身につけておきたい資格やスキル

書類選考で役に立つ資格

資格の種類は膨大

資格にはそれぞれの取得方法と難易度があります。 勉強して筆記テストを受けるだけではなく、専門学校の卒業や実地経験がないと受けられない資格もあります。 自分はどんな仕事に就きたいのか、将来どんなことがしたいのかを決めてから、資格取得を目指しましょう。 もっと読む

資格の取得方法

皆さんは資格に対してどのような物だとお考えでしょうか。
就職や再就職に役に立つ、面接に役に立つのですが、資格には多くの種類があります。
ジャンルでいいますと30種以上、国家資格数だと1200以上、民間資格も加えれば3000種以上と言われています。
この中で就職や再就職に、転職の資格を目指すのであれば、自分が目指したい職種と企業の業務内容に合っている資格を選びましょう。
とりあえず資格を取得するより将来その業務でどうしたいのかを考えると良いでしょう。

資格には国家資格、公的資格、民間資格があります。
国家資格は国に委託された機関が行う資格で、法律に基づき行われますので取得が難しい物が多いです。
しかし、職業保証を受けていることになり、国から発行されていますので社会的信用の高い資格です。

公的資格は国家資格と民間資格との中間的な資格です。
関係省庁によって認定されており、公益法人、民間団体が行っています。
国家資格に近い資格ですので、社会的評価も良いです。

民間資格は民間の企業が独自の基準で発行している資格です。
法律によって制度が確定した資格ではないのですが、認知度や評価の高い資格も存在しており、国家資格並みの知名度の資格もあります。
逆に認知度が低く評価の低い資格もたくさんあります。

資格によって認知度や評価が異なり、業務内容で取得すべき資格の種類がたくさんありますので、自分が有利になり業務内容にあった資格をえらびましょう。

おすすめリンク

再就職の現状

資格は自分の人材アピールです。 しかし再就職の殆どは職務経験が物を言います。 特に女性は出産を機にブランクができますよね。 ブランクを機に資格を取られる方が多いようです。 専門知識が問われる職業などは、資格が必須条件になっています。 必要な資格を確実に取得しましょう。 もっと読む

医療や介護の仕事

近年、日本の社会は高齢化していますので、医療や介護の人材が不足しています。 資格が必要となる職業ですが、採用されやすい現状です。 ほぼ100パーセント採用されると言われています。 種類も豊富な職業ですので、この機会に調べてみてはいかがでしょうか。 もっと読む