再就職までに身につけておきたい資格やスキル

医療や介護の仕事

介護系の職業

介護福祉士。
介護者への指導や体の障害、精神的な障害のある方の介護を行います。
手伝いではなく指導なので専門知識が必要です。
取得方法は、大学や短大で1年以上修業すること、厚生労働大臣指定の養成施設で高卒なら2年以上です。
3年以上の介護実務経験がある方は受験資格がもらえます。

社会福祉士。
この資格は介護ではなく福祉に関する助言をできるようになります。
対象は、体の障害や精神的な障害のある方です。
大学で厚生労働大臣が指定する科目を修業すると受験資格がもらえて、試験に合格すると資格を取得できます。
また相談援助業務を4年行い、社会福祉士の一般養成施設で1年以上修業すれば、受験資格が得られます。

いずれも取得までに時間のかかる資格ですが、今後ニーズの高まる業務です。

ニーズの高まる職業

医療系、営業系、建築系、介護系など職業はたくさんありますが、その中でも介護関連の就職率はほぼ100パーセントと言われています。
日本は高齢化社会なのでこれからどんどんニーズが高まりそうです。
そのため人手が不足している状態です。
介護にも資格があります。
ホームヘルパーの仕事の資格を取得すれば、日常生活に支障のある高齢者の介護、援助を行うことが出来ます。
内容は、入浴、食事、排せつのお世話、掃除洗濯、買い物などです。
所得方法は国が認定している自治体、講習事業者が行う講習を受講して終了すことで、手短に取得できます。
3級から1級までありますので、再就職や転職して自分に合った仕事なら1級を目指してみるのも良いかもしれません。


この記事をシェアする